僕を”マーキング”してくれませんか?♡男が「ハグしたくなる香り」4選

男性が女性を抱きしめたくなる条件。セリフ、仕草、メイク、髪型、ファッションなど要素はさまざまありますが、その中に「香り」があることも忘れてはなりません。
香りは人間の本能的な感覚を強烈に刺激するため、良い香りであれば他の部分がおろそかでも、カバーできる可能性を秘めています。

ここでは、男性たちが抱きしめたくなる香りについて4つ紹介していきましょう!

(1)良い香りのシャンプー

『嫌いな人いないでしょ!!!』(31歳/音楽関係)

例えば、至近距離で男性と話していた時、シャンプーの香りが必ず漂ってきます。
ある程度、長い髪の毛の方であれば横を振り向くだけでその香りが漂うことでしょう。

男性にとって、女性のシャンプーの香りは癒しであり、さらに「シャワーを浴びた後」というイメージを持つため、ドキドキして押し倒しそうになります。
脈絡も無く、急に抱きしめられたら、そのシャンプーの香りに反応してしまった可能性もあるでしょう。

(2)女性の汗混じりの体臭

『女性どくどくの香りなんですよね。これは男にしかわからない!!!』(31歳/人事)

汗混じりの体臭というと、何だか不潔なイメージがあるかもしれません。
しかし、刺激臭ではなく、女性特有のふわっとしたミルキーな香りであれば、男性にとってみればご褒美!

そんな時、柔軟剤の香りや汗などが混じることで、複雑性とフェロモンを感じさせる香りになるのです。
首筋に汗が見えていたら、その効果は倍増することでしょう。

(3)さりげない甘い香り

『バニラなどの甘い香りは、女性らしく好きっすね』(28歳/運転手)

甘い香りは男性たちには人気の香りです。
もちろん、甘過ぎてクラクラしてしまうほどではいけませんが、ほのかなバニラの香りのファンは多くいます。

ギャル系の女性がそれ系の香りをつけているイメージがあるため、どこか「チャラさ」を感じ、「イケる」と思わせる効果があるようです。
もちろん、食べたいという欲求を誘うというプラスアルファのメリットもあります。
彼をソノ気にさせたい女性は、甘い香りを使うと良いでしょう。

(4)匂いが無い

『きつい香りが苦手なので、無臭こそ最高』(27歳/教師)

抱きしめたくなる香り、といいながら正反対な意見ですが、これも立派な香りテクニックです。
男性には、「女性は臭くない」という強烈な擦り込みがあります。

そのため、どんなシチュエーションであっても無臭であれば、「この子、マジ臭いが無いんだ。完璧、女だ!」と思わせることができるのです。
「香りが無い=汚れていない」という発想に辿り着き、自分こそがその白いキャンパスに色を染める男である、という謎回路が形成されます。

あえて男性心理を利用するのであれば、無臭という香りの選択肢もあるのです!


ここでは、男性が抱きしめたくなる香りについて4つ紹介しました。
ただいい匂いであればいいわけではなく、そこは男性心理も考えた香り選びをするべきです。

また、自分のキャラクターに合った香り選びも、男性を困惑させません。
ぜひ、今回の内容を参考にして大好きな男性に抱きしめてもらえるよう、努力しましょう!

(文/恋愛jp編集部)

Source: 恋愛jp
僕を”マーキング”してくれませんか?♡男が「ハグしたくなる香り」4選