日本アカデミー賞、広瀬すずが最優秀助演女優賞を受賞!

1: 豆次郎 ★ 2018/03/02(金) 21:56:37.77 _USER9.net

no title

女優の広瀬すずが2日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開催された第41回日本アカデミー賞の授賞式に出席し、是枝裕和監督作『三度目の殺人』で最優秀賞助演女優賞を受賞した。

第39回で新人俳優賞(『海街diary』)、第40回では優秀主演女優賞(『ちはやふる-上の句-』)と優秀助演女優賞(『怒り』)をダブル受賞した広瀬。マイクの前に立つと、「本当にありがとうございます。何をしゃべればいいのか分からないですけど」と驚きをあらわにしながら、「監督はいつも見たことない景色を見せてくださるので、これから少しずつでも恩返しできるように、自分が参加させていただいた作品に少しでも力になる役者さんになれるようにこれからも頑張ります。本当にありがとうございます」と受賞の喜びを語った。

是枝監督とのタッグは『海街diary』以来。発表前の司会とのやりとりでは、「前回は台本をいただかなかったので、今回は台本をいただきながらの撮影だったのでちょっと恥ずかしい気持ちになりました」「『海街diary』の時は現場に行くまで何も知らないので、ある意味何も力が入らずでした。今回は”今日やるシーンを知っている自分”が恥ずかしかったです」と撮影当時を思い返した。

そんな広瀬についてのコメントを求められた是枝監督は、「いろんな監督さんたちとすごく良い仕事をされたと思います。キャリアを積んで戻って来てまた一緒に仕事ができて、すごく肝が据わったというか。本当に大きく育った。ついていくのに精一杯でした」と絶賛。「かわいい」とメロメロの司会・西田敏行からの「監督、すずちゃん好きでしょ?」に「そうですね、大好きです」と返し、西田からライバル視されて会場の笑いを誘った。

一方、『三度目の殺人』で共演した役所広司は、「ほとんど絡みはなかったんですけど、唯一絡んだところは監督が編集でカットしてしまった」とボヤきつつ、印象に残ったシーンとして「雪合戦ですね」と回顧。「広瀬さんはすごく足腰がしっかりしているんですよ。サッカーもバスケットもうまいしね。本当、スポーツウーマンですね」と褒めていた。

IMG_6984_R

ソース
広瀬すず、初の最優秀助演女優賞! 是枝監督と役所広司も絶賛の魅力

2: 名無しさん@恐縮です 2018/03/02(金) 21:57:23.39
日本アカデミーなんて価値ゼロだろ 
内輪でワイワイやってるだけ

3: 名無しさん@恐縮です 2018/03/02(金) 21:57:24.12
まだやってたんだ 
この出来レース

235: 名無しさん@恐縮です 2018/03/02(金) 23:30:46.61
<div class="anchor" data-res=" まだやってたんだ

この出来レース ” style=”color: blue; display: inline; text-decoration-line: underline;”>>>3

 
出来レースじゃない賞があるなら教えてくれ賞なんて全て出来レースだろ