「青魚と白身魚」ぜったい焼く前にやるべき一手間

wasyoku_yakizakana
1: 2017/12/26(火) 21:25:00.27 ID:CAP_USER9
シンプルの極みともいうべき魚の塩焼き。

簡単なのに、新鮮な魚の塩焼きは格別です。

塩を振って焼くだけの料理ですが、「ふり塩」には味をつけるだけではなく、魚をおいしくする効果があるんです。

味付けだけじゃない
ふり塩の3つの効果

ふり塩にはもちろん味付けの効果がありますが、それだけではなく、次の3つの効果があります。

①身崩れを防ぐ
②生臭さを抑える
③旨味を閉じ込める

ふり塩には、身を引き締めて旨味を引き出す効果があるんです。塩をふるだけで、気になる生臭さも抑えられるのはいいですよね。

美味しさの秘訣は
「ふり塩の量」にありました!

塩の量と置き時間は、魚の種類や大きさによって違います。おおよその目安を覚えておくと便利です。

青魚:脂が多く生臭いため、魚重量の3~4%の塩をふって30分以上置く

白身魚:脂肪分・生臭みともに少ないため、2%の塩をふって10分くらいでOK

いずれの場合も、ザルや傾けたバットに魚を乗せ、20~30cm上から全体的にまんべんなく塩をふってください。
時間を置きすぎると、水分が抜けすぎてパサついてしまうこともあるので、特に白身魚は置き時間にご注意を。

使う塩は、精製塩より天然の粗塩がおすすめ。
粗塩に含まれるミネラル成分には旨味を引き出す効果があります。こ
れに対し、精製塩にはミネラルが含まれていないので、あまりふり塩の効果が期待できないかも。

魚の旨味を引き出す効果のあるふり塩、やるとやらないでは焼き魚の味がぜんぜん違ってきます。
魚を焼く前にはしっかりふり塩をして、メチャクチャおいしい焼き魚を召し上がってくださいね!

http://news.livedoor.com/article/detail/14083459/


続きを読む

Source: 体ちゃんねる
「青魚と白身魚」ぜったい焼く前にやるべき一手間